ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ


重要なお知らせ

ASSOLUTOブログを閲覧いただきありがとうございます。

ご好評を頂いておりますモンスト関連の記事ですが、今後は「モンスト!まとめーじぇんと。」様にて掲載していただける事となりました。
詳細はこちら


過去記事でお探しの記事が見つからない場合は「モンスト!まとめーじぇんと。」様にてご覧ください。


日本タンポポを探そう!

皆さん、日本タンポポをご存知でしょうか? タンポポならその辺に生えているとお思いでしょう。
実はよく見るタンポポのほとんどが西洋タンポポだということを知る人はほとんどいません。かくいう私も、つい数週間前まで知りませんでした(笑)

 

 

事の始まり

友人が「蒲公英」という漢字を読めなかったことです。
私の年代は19(ジューク)という音楽グループが出していた楽曲で知っていたので、
ほぼ常識のように思っていましたが、読めない方も多く居るようです。
そこでタンポポについて調べていると、どうやら日頃目にしているのは西洋タンポポらしいのです。実は生まれてこの方、在来種の日本タンポポを見たことがないのでは?と友人と話題になり、実際に探してみることにしました。

見分け方

Wikipediaによると見分け方としては花期に総苞片が反り返っているのが外来種で、反り返っていないのが在来種です。
これが一番の見分け方です。総苞片って何かというと、ガクのようなもので、タンポポの花のすぐ下したに緑のビラビラがありませんか?
それがあれば外来種(西洋タンポポ)です!なければ在来種(日本タンポポ)!素人にもかなり見分けやすいですね。

捜索開始!

自宅近所を結構な範囲(半径3kmくらい)探したのですが、日本タンポポを見つけることはできませんでした。これはもう、日本タンポポが完全に駆逐されてしまったのではと思ったのですが、調べてみるとどうやら違うようです。
Wikipediaによると二次林には日本タンポポが多く、造成地や市街地には西洋タンポポ(雑種も含む)が多く見られ、相対的に西洋タンポポを見る機会が多くなっているのだとか。

実は単純に見分けがつかないタンポポも…

近年では日本タンポポのように総苞片が反り返らない「ニセカントウタンポポ」と呼ばれる種が関東地方を中心に確認されているようです。
雑種もしくは別系統の外来種であるという見解らしいのですが、真意は定かではありません。

探してみて分かったこと

結局、日本タンポポは見つかりませんでした。しかし、実際に探してみて分かったことがあります…至極当然のことながら平日日中にタンポポを探しまわる人を見たら普通に変質者だと思われますよね…

 

ご近所様「何してるんですか?」
 自分 「日本タンポポを探してるんです」
ご近所様「はい?(何言ってんだこいつ)」

 

悲しきかな、これが現実です。

四葉のクローバー探しはどこかロマンを感じるのにタンポポ探しはこの扱いですか…

皆さんも是非日本タンポポを探してみて欲しいのですが、私が経験したことからの注意点としてはただ一つ!
世間の冷たい目には気をつけましょう!