ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ

2016年上半期 映画 評価・感想とオススメ!

アニメ感想が終わったところで2016年上半期(まだ終わってませんが)の映画評価感想・オススメをご紹介します。

今年に入ってあまり映画みれてません!映画の評価、感想の更新は約半年に1回となりそうです。もちろん、良い作品があれば都度ご紹介していきます。

 

評価基準:★5:神/★4:オススメ/★3:見れた/★2イマイチ/★1:ノーコメント
これらを基準に0.5刻みに評価してます。

まず興味を持って見に行くで、★1は滅多にないです。★3~4あたりから人に薦めます!あくまでも個人的な感想と結構辛口なので、気分を害されるかもしれませんが、ご了承ください

  

 

評価

オデッセイ ★4 オススメ!

リドリー・スコット監督の新作。

インターステラーに続き、またもや地球外の惑星(火星)に取り残されたマット・デイモン演じるマーク・ワトニーが地球に帰還すべく奮闘するお話。
事故で火星に取り残されたワトニーは次の火星探査ミッションが来るまでの4年間を火星で植物を栽培し、生き延びようとします。地球のNASAも彼が生きていることに気付き救出を試みるのですが、彼とNASAどちらにも苦難が続きます。

火星でのサバイバルや地球に帰還しようとする精神がとても素晴らしく画かれていました。もちろんフィクションなのですが、実際に出てくる設備や、サバイバル法などは現実の火星でも行えるものを採用しているのだとか。

火星でのサバイバルや、救出作戦等は見ていてハラハラしますし、一段落したと思いきや事故に次ぐ事故。全く飽きずに見ることができました。この映画は数年後にまた見たいと思うのでしょうし、何度見ても良い作品だと思います。

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ ★3

 

ルッソ兄弟が監督を務める、エイジ・オブ・ウルトロンに続く、アヴェンジャーズシリーズの続編作。

プロモーションビデオにてスパイダーマンの出演が明かされて盛り上がりました。

エイジオブウルトロンが個人的にはあまり良くなかったので、大きな期待はしていなかったのですが、アヴェンジャーズの内部分裂を画いた本作はヒーロー物としてはなかなか楽しめました。ヒーロー同士の闘いが非常にアツい上に、敵の見事な知略等など、見どころはたくさんありました。おやおや?結局和解するのか?と思いきゃそうは問屋がおろさず。まだ公開して間もないので、余計なネタバレは控えます…

 

レヴェナント 蘇えりし者 ★3

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)で一躍有名となったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。
レオナルド・ディカプリオアカデミー賞主演男優賞を獲得した作品でもありますね。

ネイティブアメリカンの襲撃に遭い、一団とキャンプへ帰還するため山越えをしていた主人公が熊に襲われ瀕死の重傷を追います。
彼を連れて山越えは厳しいと判断した隊長は彼とその息子、看取り役の二人を残しキャンプへ向かいます。看取り役の一人が裏切り、息子を殺し、もう一人を騙した上、主人公を看取ることなくキャンプへ帰還します。瀕死の重傷を負っていた彼ですが、這ってでも生き長らえ、ネイティブアメリカンの襲撃からも飢えからも逃れながら息子を殺した復讐を果たそうとするお話。

熊に襲われるシーンは大迫力で、なんとこのシーンはノーカットで撮影されたのだとか。ネイティブアメリカンに襲われたり、時に命を救われたりと、終始ドキドキする展開でした。また生き延びるために生魚や生肉を食べるシーンは生々しく、人間の生きる本能と復讐心の強さを本当に良く画いている作品でした。

 

バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生 ★2

ザック・スナイダー監督作品。
バットマンvsスーパーマンと表題にあるのでこの二人が激突する物語!と思いきや、この二人の戦闘シーンは極わずかでした。二人それぞれの正義や葛藤シーンはとても面白く画かれていたのですが、やはりというべきか、第三の敵が現れて共闘するパターンへ。表題通りに純粋に戦って欲しかったなぁというのが正直な感想です。

いかにも続編がありそうな終わり方でした。

 

ザ・ウォーク ★2

名匠ロバート・ゼメキス監督の新作。
ワールドトレードセンター間をワイヤーウォークしたというフィリップ・プティの物語。
ドラマもあり、ワイヤーウォークの緊張感もあったのですが、正直ドキュメンタリーっぽくて苦手でした。ワイヤーウォーク中の背景と臨場感のある映像がすごく綺麗でした。

 

総評

もともとSF作品は好きですが、オデッセイは面白かったです。まさか火星でじゃがいもを栽培するとは…。邦画も見たいと思うのですが、ついつい広告に釣られて洋画を見てしまいます。映画感想についてはあまり頻度高く更新できないと思いますが、みなさんの映画鑑賞やBlu-ray/DVD購入の際に参考になればと思います。