ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ

【モンスト】data10.bin(アカウントデータ)の重要性について

 

f:id:assoluto:20160612170035p:plain

少し前の記事ですが、NoxAppPlayerを利用した高速リセマラの記事を掲載しましたが、消去するユーザーデータにdata10.binというファイルがありました。

記事では簡単に削除手順を紹介していますが、実は非常に重要なファイルです。みなさんが大切にしているアカウント情報はすべてこの中にあると言っても過言ではありません。

今回はその重要性と内容を少しだけ説明をします。

 

 

参考記事

www.assoluto.link

 

 

data10.binって何?

Android版のモンストでは//data/data/jp.co.mixi.monsterstrike/に保存してある、data10.binというたった1つのファイルです。通常はAndroidの場合rootを取ったり、iOSの場合は脱獄したりしなければ操作はできないファイルですが、このファイルこそ、みなさんが大切にしているアカウントデータです。 

正確にはこの中にすべてのアカウント情報があるわけではなく、モンスターデータやオーブの個数、スタミナの値等、重要なデータはすべてXFLAG(mixi)にあるサーバに保存されています。

しかし、このdata10.binはそのサーバから貴方のアカウント情報を引き出す鍵のような存在だと思ってください。

 Google+のバックアップでも恐らくこのdata10.binを保存する事でバックアップとしているようです。

 

利用すると何ができるの?

リセマラ中に気に入ったモンスターが出た場合、このdata10.binを保存しておくだけでアカウントが保存できます。このたった数キロバイトのファイルを保存しておくだけで、無限にアカウントを増やせるわけです。

必要な時に、端末のdata10.binを切り替えるだけでアカウントの切り替えが可能です。応用すると多数のアカウント所有や一人で初フレンド招待をするといったことも可能になってしまいます。

また、現在使用している端末からdata10.binを取り出し、他の端末で使用すると2台で同時にアカウントを操作する。といったようなことも可能です。

しかし、同時にクエストに入るといったことはできず、別々のクエストに入ったとしても後から入ったクエストが有効とされます。先に入った端末では無効なクエストと表示され、たとえクリアしても報酬を受け取ることが出来ません。もちろん、スタミナはクエスト2つのクエスト分消費されます。

 

なぜ重要なの?

先に記述した通り通常であれば、Androidの場合rootを取ったり、iOSの場合は脱獄したりしなければ操作はできないファイルです。しかし、このdata10.binを抜き、受け渡した場合、簡単にアカウントの譲渡が可能です。

悪用した場合、アカウント売買に利用することも可能です。

Yahoo!オークション等で販売されているモンストアカウントの説明書きにdata10.binの受け渡し等が記載されているのはこのためです。ただ、ココで注意しなければならないのは、data10.binで引き渡された場合、販売者側でもdata10.binを保存しており、いつでもアカウントを乗っ取ることができるということです。

最近では、運極作成代行や、オーブ取得代行などを装ってユーザーからdata10.binを受け取り、そのままアカウントを乗っ取るといった悪質な業者も居るようです。

 

まず、こういったアカウントの譲渡や売買を利用しないことが大前提ですが、過去に利用した事があったり、友人からアカウント譲渡のためにファイルを受け取った際にはGoogle+アカウントで一度バックアップを取り、さらに、初期化した後にバックアップから復元した状態ですることをおすすめします。

バックアップから復元するとdata10.binの情報が書き換わり、元のdata10.binは引継ぎが完了したデータとして無効となります。

 

 まとめ

手順が複雑なため、今回はご紹介しませんが、rootを取らなくてもdata10.binを抜き出すことも可能です。活用すると複数端末でメインアカウントを操作できたり、非常に便利になりますが、その扱いには十分に注意を払う必要があります。

決してアカウント売買を肯定したり、応用して皆で複数アカウントを持とう!というわけではなく、非常に重要なファイルを操作しているので、安易に人に渡したり、操作する際は気を付けなくてはならない、という事をご理解頂ければと思います。