ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ

【モンスト】data10.binを非root端末から抜く方法(Android向け) 【事前準備編】

f:id:assoluto:20160628203915p:plain

NoxAppPlayerやタブレット、サブ機を使ってモンストをしている方は、「わざわざバックアップから戻すことなく、両方の端末でメインアカウントが使えたら良いな」と思うことはないでしょうか。

今回はそれらを行うために実機(非root端末)からdata10.bin(アカウントデータ)を抽出する方法をご紹介します。

手順が非常に長いため、記事を複数回に分けてご紹介します。

 

【2016/11/16追記】現在、モンストの最新バージョンではこの方法では利用できません。
最新版に対応したやり方はこちらからどうぞ

www.assoluto.link

 

 

 

目次

 

注意事項

モンスターストライク利用規約に反する所はないかと思いますが、複数の端末で同時にプレイ可能な状況となるため、万が一BANされても文句は言えない行為であることにご注意ください。筆者は半年以上、この状態でプレイしていますがBANはもちろんありませんし、不正の警告をされたこともありません。

 

この記事をご覧になった上で実施してください。

【モンスト】data10.bin(アカウントデータ)の重要性について 

data10.bin(アカウントデータ)という非常に重要なデータを扱うため、取り扱いにはご注意ください。

 

利用用途

自身の端末をroot化することなく、モンストのdata10.bin(アカウントデータ)を抽出することができます。このdata10.binファイルを利用することにより、わざわざGoogle+のバックアップから復元することなく、PC上のエミュレータ(NoxAppPlayer)等で同じアカウントで遊ぶことが出来ます。

また、このデータを別の端末へリストアすることにより、外出先ではスマートフォンで、家ではタブレットでプレイするなど利用の幅も広くあります。

 

予備知識

手順を極力詳細にご説明致しますが、Windowsの知識、Androidの操作知識(USBデバッグモードの有効化等)は必須となります。特にWindowsでドライバのインストールやコマンドプロンプトでの操作等をされたことがない方は実施をお勧めしません。

 

大まかな手順説明

事前準備 今回はこちらだけご紹介

  • PCにHeliumをインストール
  • PCに自身のスマートフォンにあったadbドライバーをインストール
  • スマートフォンにHeliumをインストール
  • ab2tarをダウンロード(cygwin1.dllも)

 

手順

  1. スマートフォンとPCをUSBで接続しHeliumでアプリのバックアップを取れる状態にします
  2. モンスターストライクのバックアップを取ります
  3. バックアップしたファイルをPCに転送します
  4. ab2tarを使い、暗号化を解除します
  5. 暗号化を解除したファイルをさらにab2tarを使い、tarファイルに変換します
  6. tarファイルを展開して、data10.binを取り出します

 

事前準備

PCにHeliumをインストール

そもそもHeliumって?

Android のアプリだけでなく、アプリ内データまでバックアップ・データ移行可能なアプリです。旧名Carbon

Helium Desktop Installer and Android App · koush/support-wiki Wiki · GitHub

にアクセスし、「Download the appropriate Helium Installer for your PC:」欄のWindowsから、インストーラーをダウンロードし、インストールしてください。

インストールは複雑な操作はありませんので、割愛させていただきます。

(インストールで問題が出る場合はこちらなどを参考にしてください)

デスクトップにショートカットアイコン等は作成されませんので、インストールされたか不安になるかもしれませんが、デフォルトの操作であれば「C:\Program Files (x86)\ClockworkMod」(32bitOSの場合はProgram Files?)にインストールされるはずです。

 

 PCに自身のスマートフォンにあったadbドライバーをインストール

adbドライバーって?

ADB (Android Debug Bridge) を使用するためのドライバです。

これを導入することにより、接続しているスマートフォンにデバック用のコマンドを送信することができるようにます。

 このインストールは作業は端末によって操作が異なります。

自身のスマートフォンを制作しているメーカーのホームページや、各キャリアのホームページでも提供している場合があります。例:各ADBドライバ | Android(TM) 技術情報 | au

 

どうしてもADBドライバーが見つからない場合は、こちらをお試しください。

Android ADB Drivers · koush/support-wiki Wiki · GitHub

にアクセスし、「Universal ADB Drivers (recommended)」のリンクからインストーラーをダウンロードし、インストールします。

(これは多数の端末に対応できるよう制作されたADBドライバー用のインストーラーです)

 

 

スマートフォンにHeliumのインストール

Helium - App Sync and Backup
Helium - App Sync and Backup
開発元:ClockworkMod
無料
posted with アプリーチ

GooglePlayストアからHeliumをインストールしてください。 

 

ab2tarをダウンロード(cygwin1.dllも)

まとめたファイルを用意しましたので、こちらからダウンロードしてください。

ab2tar_cgywn1set.zip 

 

注意:

今回は手順を大幅に簡略化するため、完成したファイルをアップロードしています。これらのファイルは有志の方が作成されたものをコンパイルしたものです。さらにcygwin1.dllも含まれているため、ライセンス上の問題が発生すると判断した場合には予告なくダウンロードできなくなる場合があります。

Helium用のab2tarはGitHubなどで公開されていますし、PCに詳しい方であればご自身でコンパイルを行ってください。また、cygwin1.dllについてもご自身でcygwin環境を整え、ご利用されることを推奨します。

 

 

これで事前準備は完了です。

 

 

HeliumとADBドライバーの準備に問題がないか確認

PCでHeliumを起動します。

(デフォルトではC:\Program Files (x86)\ClockworkMod\Helium\Carbon.exeを実行してください)

f:id:assoluto:20160628203658p:plain

 このような画面が表示されます。

 

 

次にスマートフォンでHeliumを起動します。

(USBデバッグモードやPTPの設定変更については画面指示に従ってください)

f:id:assoluto:20160628203641p:plain

このような画面が表示されたらPCとスマートフォンをUSBで繋ぎます。

スマートフォンとの接続後、PCのHelium画面が下記のようになると問題ありません。

f:id:assoluto:20160628203835p:plain

 

出来ない場合はADBドライバーの再確認やUSBケーブル(充電専用のUSBケーブルではないか等)を確認してください。

 

 

 

事前準備編はここまでです。お疲れ様でした。

次回は実作業編です。

 

まとめ

data10.bin抽出の事前準備編でした。

記事が非常に長くなるため、事前準備編として一度区切りました。

PCに詳しい方や察しの良い方であれば、事前準備とおおまかな流れを見ただけでも作業できるかと思います。

 

文字ばかりで記事が非常に見辛いです。こういった技術系の記事ってどうやって工夫すれば見やすくなるのでしょう。勉強していかねばなりません。

友情コンボの精査作業の合間にサクッと書けるかなと思ったらすごいボリュームになってしまいそうで、ちょっと後悔しています...

 

実作業編はこちら