ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ

【モンスト】data10.binを非root端末から抜く方法(Android向け) 【実作業編】

f:id:assoluto:20160628203915p:plain

 

前回の続きです。前回は事前準備編として各種インストールや設定を行いました。

 今回はいよいよdata10.binを取り出す実作業編になります。

 

 

【2016/11/16追記】現在、モンストの最新バージョンではこの方法では利用できません。
最新版に対応したやり方はこちらからどうぞ

www.assoluto.link

 

 

 

 

注意事項や事前準備等、まだ前回の事前準備編を読んでいない方はこちらを先にどうぞ

 

目次

 

手順

スマートフォンとPCをUSBで接続しHeliumでアプリのバックアップを取れる状態にします。

※前回の確認作業で一度HeliumをPCで認識させている場合は、スマートフォンを再起動するまで有効ですので、この手順は省略可能です。

PCでHeliumを起動します。

(デフォルトではC:\Program Files (x86)\ClockworkMod\Helium\Carbon.exeを実行してください)

f:id:assoluto:20160628203658p:plain

 このような画面が表示されます。

 

スマートフォンでHeliumを起動します。

(USBデバッグモードやPTPの設定変更については画面指示に従ってください)

f:id:assoluto:20160628203641p:plain

このような画面が表示されたらPCとスマートフォンをUSBで繋ぎます。

 

f:id:assoluto:20160628203835p:plain

スマートフォンとの接続後、PCのHelium画面がこのようになると完了です。

 

f:id:assoluto:20160628233316p:plain

有効になった場合、スマートフォン側ではこのように表示されます。

 

 

モンスターストライクのバックアップを取ります

f:id:assoluto:20160629211220p:plain

Heliumのアプリ一覧からモンスターストライクを選択し、バックアップをタップします。

 

f:id:assoluto:20160629211247p:plain

バックアップ先を選択できますので、今回は「Intanal Storage」を選択します。

Googleドライブやクラウドストレージにもバックアップ可能です。取り扱いがわかる方はそちらでも可能です。

 

f:id:assoluto:20160629211308p:plain

パスワード入力画面等が表示されますが、何も操作しないでください。

 

 

f:id:assoluto:20160629211342p:plain

しばらくするとバックアップが開始されます。

 

 

f:id:assoluto:20160629211358p:plain

 この画面が表示されればバックアップは完了です。

 

 

バックアップしたファイルをPCに転送します

PCとスマートフォンをUSBで接続します。(ファイル転送を行うため、USBデバックモードはOFFにしてください。)

スマートフォン内の//sdcard/carbon/jp.co.mixi.monsterstrikeにあるjp.co.mixi.monsterstrike.abをPCにコピーしてください。

 

 

ab2tarを使い、バックアップファイル(abファイル)の暗号化を解除します

事前準備でダウンロードしたab2tar_cgywn1set.zipを任意の場所に展開してください。

展開した場所に前手順で取得したjp.mixi.monsterstrike.abをコピーします。

コマンドプロンプトを開き、cd(チェンジディレクトリ)コマンドで展開した任意の場所に移動します。

cd <ab2tar_cygwin1setを展開したの場所>

Cドライブの直下にab2tar_cygwin1setを展開した場合の例:

cd C:\ab2tar_cygwin1set

 

その後、abファイルの暗号化を解除するために下記コマンドを実行します。

ab2tar_cut.exe jp.co.mixi.monsterstrike.ab temp

tempというファイル名は任意ですが、後作業で使用するため分かりやすくしています。

このコマンドで、ab2tar_cygwin1setフォルダにtempファイルができたかと思います。

 

暗号化を解除したファイルをさらにab2tarを使い、tarファイルに変換します

前手順で作成したtempファイルをtarファイルに変換するため、続けて下記コマンドを実行します。

ab2tar_corr.exe temp monst.tar

monst.tarのファイル名も任意です。拡張子がtarであれば問題ありません。

 

tarファイルを展開して、data10.binを取り出します

tarファイルは展開可能なファイルですので、展開・解凍用のプログラム(WinRARやLhaplus等)で展開します。

するとmonst\apps\jp.co.mixi.monsterstrike\r配下にdata10.binがありますので、これを保存します。

 

作業で使用したtempファイルや、monst.tarは不要なファイルですので、削除して問題ありません。

バックアップしたabファイルは容量は大きいですが、バックアップとしても使用できるので、保存しておくことをお勧めします。

 

 

以上で、data10.binの抽出は完了です。

お疲れ様でした。

 

注意:

このdata10.binはGoogle+から一度でもデータを復元してしまうと、引き継ぎ完了データとなり無効になります。復元したデータから本手順を実施することで再度利用可能になりますが、取り扱いにはご注意ください。

 

 

他端末で利用する場合

Heliumでバックアップしたabファイルは他端末にリストアすることも可能です。

 

移したい側の端末でHeliumをインストールし、上記手順同様に一度バックアップを取得します。(後で上書きするために一時的にバックアップファイルを作成します)

 

その後、移したいデータのjp.co.mixi.monsterstrike.abを/sdcard/carbon/jp.co.mixi.monsterstrikeに上書きします。

 

f:id:assoluto:20160629211910p:plain

 

f:id:assoluto:20160629211926p:plain

Heliumからリストアを選択するとバックアップデータが復元され、アカウントが複製できています。

 

 

まとめ

環境とほんの少しの前提知識さえあれば作業自体は難しくありません。

 

今回はわざわざabファイルの暗号化解除してdata10.binの取得をしました。

しかし、バックアップ用のabファイルさえ取得できればNoxAppPlayer上でリストアしてdata10.bin取り出しても結果は同じです。(この方法ならコマンドを実行させる必要がないのでもっと簡単かも?)

 

ABバックアップデータやdata10.binがあれば複数の端末からログインしたり、わざわざGoogle+のバックアップから復元することなく遊べます。しかし、開発元の推奨している動作ではないことと、data10.binの取り扱いには十分ご注意ください。