ASSOLUTO

ASSOLUTO | 日記、ゲーム、モンスト攻略・考察ブログ

日記からゲーム攻略、考察やアニメ、映画の感想を掲載するブログ

【モンスト】最新版(2017/11) data10.binを非root端末で抜く方法(Android向け)

 f:id:assoluto:20160628203915p:plain

今回の内容

モンストのVer9.4以降でも可能な方法でモンストのアカウントデータであるdata10.binファイルを非root端末から抽出します。

 

 

用意するもの

  • ADB環境、adbドライバ、Heliumのインストール済みのPC
  • Android端末(モンスト、Heliumインストール済み、USBデバック設定オン)
  • PCとAndroid端末を繋ぐUSBケーブル(データ通信できるやつ)
  • 旧バージョンのモンスト(Ver9.3以前)
  • ab2tar_cygwin1_tar_set (Heliumのバックアップからデータを取り出す用)

 

 

手順

  1. adbコマンドでモンストのデータを残してアンインストール
  2. Ver9.3以前のモンストをインストール
  3. Heliumによるバックアップ
  4. バックアップしたデータをPCへ移動
  5. ab2tarによりdata10.binを取得  

 

用意するものの準備

ADB環境の構築

adbコマンドが使えれば問題ないので、AndroidSDKまできちんとした環境を整える必要は無いかと思います。

  • とりあえず使える環境ならなんでも良いという方はこちらを参考に
  • きちんとした環境を整えたいという方はこちらを参考に

 

adbドライバーのインストール

過去記事でもご紹介していますが、メーカーから正規のドライバーが公開されている場合はそちらをご利用ください。

どうしても見つからない方はこちら(汎用ADBドライバー)をお試しください。

 

PC版Heliumのインストール

Helium Desktop Installer and Android App · koush/support-wiki Wiki · GitHub

にアクセスし、「Download the appropriate Helium Installer for your PC:」欄のWindowsから、インストーラーをダウンロードし、インストールしてください。

インストールは複雑な操作はありませんので、割愛させていただきます。

(インストールで問題が出る場合はこちらなどを参考にしてください)

デスクトップにショートカットアイコン等は作成されませんので、インストールされたか不安になるかもしれませんが、デフォルトの操作であれば「C:\Program Files (x86)\ClockworkMod」(32bitOSの場合はProgram Files?)にインストールされるはずです。  

 

Android版Heliumのインストール

Helium - App Sync and Backup
Helium - App Sync and Backup
開発元:ClockworkMod
無料
posted with アプリーチ

GooglePlayストアからHeliumをダウンロード、インストールしてください。

 

 

旧バージョン(Ver9.3以前)のモンストのダウンロード

複雑な操作が苦手な方はAndroid端末でダウンロードしておくことをオススメします。

 

アーカイブで保存しているサイトはいくつもあります。

こちらの下部から旧バージョンがダウンロード可能です。

 

安全のため、ハッシュ値等はきちんとご確認ください。

もし、見つからない場合は

モンスト_jp.co.mixi.monsterstrike_9.3.apk - Google ドライブ

からどうぞ。

  

ab2tar_cygwin1_tar_setのダウンロード

まとめたファイルを用意しましたので、こちらからダウンロードしてください。

ab2tar_cgywn1_tar_set.zip - Google ドライブ

注意:

著作物に関わる事項ですので、無断転載や転用等は絶対に行わないで下さい。問題があると判断した場合はファイルを即刻非公開とします。

Windows7 64bit環境でのみ動作確認済みです。(32bitだと恐らく動きません。)

floe氏のGitHubにも元ファイルが公開されていますので、動かない場合はご自身でコンパイルしてください。

 

 

実作業

本作業実施前には必ず公式のXflagIDによるバックアップを行って下さい。
本作業で万が一アカウントデータが破損、紛失した場合でも一切の責任は負えません。

 

モンストをデータのみ残してアンインストール

 PCとAndroid端末をUSBで接続します。

 

コマンドプロンプト(またはPowerShell)を起動し、下記コマンドを入力します。

adb shell pm uninstall -k jp.co.mixi.monsterstrike

-kの引数により、データを残したままモンストをアンインストールできます。

コマンドを送信した際にAndroid側でUSBデバッグを許可しますか?等の画面が表示される場合があります。表示された場合は許可するよう画面操作して下さい。

 

Successと出たら成功です。

(adbコマンドが使えない場合はADB環境を、端末が見つからない場合はADBドライバーや端末のUSBデバックの設定を見直して下さい)

ここで一度PCとのUSB接続は切り離しておきます。

 

旧バージョンのモンストをインストールします。

準備でダウンロードしたVer9.3以前のモンストをインストールします。

方法はいくつかありますが、Android側でESエクスプローラー等でapkファイルを指定してインストールするのが一番簡単かと思います。

(提供元不明のアプリ設定等の制限は解除してください)

 

操作方法が分からないという方はこちらなどを参考にしてください。

 

※再度PCとUSB接続し、adbコマンドを使う場合は下記のコマンドでも可能です。

adb install <パッケージ名>.apk

 

 

Heliumでバックアップ

過去記事の手順を参考に、Heliumでバックアップを取得してください。

【モンスト】data10.binを非root端末から抜く方法(Android向け) 【実作業編】

最近のモンストだと大体800MBほどの容量になります。

 

 

バックアップファイルの移動とdata10.binの取り出し

Heliumで取得したバックアップファイルをPCに移動します。

参考:【モンスト】data10.binを非root端末から抜く方法(Android向け) 【実作業編】- バックアップしたファイルをPCに転送します

Internal Strageに保存した場合は ストレージ直下のcarbonというフォルダに保存されています。 

f:id:assoluto:20171115151909p:plain

carbonフォルダの下にjp.co.mixi.monsterstrikというフォルダがあります。この中にあるのが先程取得したバックアップになります。

 

この中のjp.co.mixi.monsterstrike.abファイルをPCに転送します。

この時、jp.co.mixi.monsterstrikeフォルダごとPCに保存しておくことをオススメします。このフォルダは他の端末でもHeliumからモンストデータを復元する時に使えます。jp.co.mixi.monsterstrike.jsonファイルはコピーに失敗することもあるようです。重要なファイルですので、きちんと確認しましょう。

 

準備でダウンロードしたab2tar_cygwin1_tar_set.zipファイルを解凍し、そのフォルダ中にjp.co.mixi.monsterstrike.abファイルを入れます。

f:id:assoluto:20171115151932p:plain

 

@data10bin_pull.batを実行するとdata10.bin抽出作業が自動的に実行されます。

f:id:assoluto:20171115152003p:plain

エラーが何も出ていなければ、同じディレクトリにdata10binフォルダが作成され、その中にdata10.binファイルが入っています。

  

以上でdata10.binの抽出は完了です。お疲れ様でした。

 

使用したAndroid端末のモンストはGooglePlayから最新版に更新すると元通り使えます。

注意:

このdata10.binやjp.co.mixi.monsterstrike.abファイルはXflagIDから一度でもデータを復元してしまうと、引き継ぎ完了データとなり無効になります。復元したデータから本手順を実施することで再度利用可能になりますが、取り扱いにはご注意ください。

 

あとがき

過去に紹介した手順と重複する部分もあり、文章を簡略化するためにかなり大雑把に書きました。

不明点や改善点などがありましたら、twitterか問い合わせフォームからご連絡いただけると助かります。

 

今回、data10.binを抽出しましたが、取扱は十分に注意してください。

よければこちらの記事をご一読いただけると重要性もご理解頂けると思います。

www.assoluto.link